工房近くで鹿に遭遇。

夕刻。立派な角の鹿が工房近くに現れました。お互いしばらく見つめ合っていましたが、感動的でした。

自分の存在が小さく思えた瞬間でした!